カトリック精神による『こころの教育』 モンテッソーリ教育

当園が目指す「いのちの教育」は、敬虔なカトリック信者であるマリア・モンテッソーリが確立したモンテッソーリ教育によって支えられています

モンテッソーリ教育

イタリアの女性医師でもあったマリア・モン テッソーリは、こどもの行動を詳細に観察・研究し『子どもたちは、初めから自分を伸ばす力を持っている』ことを発見、一つの教育方法として確立しました。 モンテッソーリ教育は、子どもが本来持っている自分の好きなことに「からだ」「こころ」「あたま」を使いながら五感を通して取り組むことで、様々な能力を 発達させていきます。この教えは欧米を中心に広がり、1世紀を経た今でも世界中で受け継がれています。

 

モンテッソーリ教育では、「教具」を使います。「日常生活の練習」、「感覚」、「言語」、「」、「文化」といった領域の教具を通して、子ども達の発達欲求を満たすための活動を行います。この活動を「お仕事」と呼びます。自分で自分の「お仕事」を選び、納得いくまで繰り返すことで、達成感や充実感を味わいます。

 

このモンテッソーリ教育のもう一つの大きな特徴として、異年齢縦割りクラスが あります。年少、年中、年長の年齢の異なる子ども達が、同じクラスの中で「お仕事」などの活動を行います。年上の子がまるで小さな先生のように年下の子の 面倒を見ることもあれば、年下の子が「自分もできるようになりたい」と、お兄さんやお姉さんの活動に自然と憧れたりすることもあります。お仕事にチャレン ジするだけがすべてではなく、活動を通してお友だちや職員と関わり合う「環境」そのものを、私たちは大切にしています。

 

また当園では、同年齢横割り活動も 取り入れています。体の成長度が近いため体育指導やリズム活動などは同年齢で行います。お互いを知り、尊重する精神が自然に身についた子どもたちは、運動 会のリレーの順番をみんなで話し合い自分たちで決めます。そして運動面だけでなく、お米やゴーヤなどを育てることや、絵画活動なども同年齢横割り活動で取 り組んでいます。

 

このように、異年齢縦割りクラスでは温かく思いやりある連帯感を、同年齢横割り活動では高い目標へのチャレンジ精神を育んでいきます。

 

つくし野天使幼稚園では、これら2つの形態の活動(縦割り・横割り)により、思いやり、協調性、社会性、知的好奇心といったこれからの集団生活で欠かせない「こころの芽」を、まるで木の枝葉が広がるように伸び伸びと育てています。