カトリック精神による『こころの教育』  同年齢横割り活動

当園が目指す「いのちの教育」は、敬虔なカトリック信者であるマリア・モンテッソーリが確立したモンテッソーリ教育によって支えられています

同年齢横割り活動

同じ年齢だからこそ、できることもあります。基本的には、異年齢縦割りクラスで活動しますが、体育指導、お米やゴーヤの栽培、絵画活動などは、同じ年齢の子どもたちでおこないます。同じ年齢同士で活動したほうが、発達を促す上で良い場合があるためです。

特に年長児のお泊り保育は、これまでの学びが生かされる実践の場になります。1泊2日という長い行動時間を共にする中で、子どもたちはお互いに協力しあい、職員はそれを見守ります。

また、運動会の同年齢対抗リレーでも子どもたちによる作戦会議が行われます。大人でも同じことですが、人には得意・不得意の分野は必ず存在します。良い悪いではなく、個人差としてかけっこが得意な子もいれば、そうでもない子もいます。子どもたちはお互いを認めながら、どうやったらチームとして勝利することができるのかを一生懸命に考え、走る順番を決めたり、大きくはみ出さないようにトラックの線にそって走るコーナリングの情報などを共有し合います。その知恵と自主性には、職員も驚くほどです。

このようにつくし野天使幼稚園では、同年齢横割り活動の良さを、縦割りクラスに取り入れながら、日々の教育に取り組んでいます。